金融

貸金業改正の影響

消費者金融やキャッシングローン会社の上限金利は、現在のところ実質年利18.0%と制限され、
大手のフリーローンになれば銀行のキャッシングローン並みの低金利を実現しています。この施
策によって、無理な貸付は激減し、貸付金の返済率があがる一方で貸倒比率は低減され、取り立
ての手間が省けるのようになりました。

これらのようにグレーゾーン金利の撤廃と上限金利の制限は、様々な面で金融会社の改善につな
がる一方で、以前のイメージが悪かったサラリーマン金融の幻想から脱却しつつあります。

しかし、いいことばかりではありません。サラ金業者が貸し渋りをした分、借入金を返済できな
くなった多重債務者の多くは行き詰ってしまい苦境に陥ってしまったのです。

大手消費者金融や準大手のキャッシング会社などは審査が厳しく設定されており、多重債務者に
とっては敷居の高い狭き門と化してしまいました。

こういったどこからも借りれなくなった金融難民に対して、言葉巧みに騙してお金を借りさせて
、上限金利をはるかに上回るような高利を貪っている業者が存在します。

0

買取屋の手口

いわゆるヤミ金と呼称される業者ですが、「無審査キャッシング」などと宣伝しているのは買取
屋とみて間違いないでしょう。無審査でお金を貸してくれるような貸金業者が存在するはずがあ
りません。

買取屋の手口は、どこからも借りれなくなった多重債務者に対して、クレジットカードを作らせ
、そのカードで商品を購入させます。その商品を質屋などで換金して手数料をとる業者のことで
す。

この手数料が半端じゃないくらい高く、結局は商品購入によりクレジットカード会社に対する借
金を含めて、さらに債務が増えてしまうことになります。目先の現金に目がくらんだ挙句の愚行
といっても過言ではありませんが、お金がない弱者を食い物にする悪質業者こそ糾弾されるべき
でしょう。