消費者金融ランキング

借りやすい金融会社の条件

消費者金融で圧倒的に人気が多いのは低金利で借りやすいのが第一条件となります。いくら低金利でも審査が厳しくて手続きに時間がかかるようでは用を足しません。

借りやすい金融会社の条件は以下の三点です。
  • 申し込んだその日に融資が下りる(即日融資)
  • 審査が迅速で多少の多重債務があろうとも通る
  • 一定期間利息がかからない無利息ローンを取り扱っている

もっとも現在他社からの借り入れが無く、定職に就いて年収が300万円以上あるような方ならば、大手の銀行系消費者金融を選ぶべきです。過去五年以内の自己破産などをしていなければ、間違いなく審査に通るはずです。

お薦めは中小中堅のローン会社

複数の借入があるにもかかわらず、更に新規借入を考えている方は、審査の通りやすい中小消費者金融がお勧めです。他社から複数の借入があるような方は、審査が厳しい大手では、審査で落とされる可能性が高くなります。

しかし、ワンランク落として中堅クラスの消費者金融を選べば審査に通る確率はアップするでしょう。大手と中小では審査基準が大きく異なっており、それこそ雲泥の差と言っても過言ではありません。

また、シーズンによってキャンペーンを実施している時期がありますので、そういったキャンペーンの時期は少しでも融資額を上げたいと考えていますので、どうしても審査に通りたい方は狙い時です。

確実に借りるためには

確実に借入審査を通過してお金を借りるためには、まず借入先の審査基準を理解しておく必要があります。

申込先の審査基準に満たないにもかかわらず申し込んでみたところで、審査に落ちて気分を害するのも当然のことながら、信用情報機関の個人データにその旨が登録されてしまうことも大きな痛手となります。

そのような憂き目に遭わないためにも、自分が審査基準を満たしているのか否かの判断を誤らないようにすることです。

キャッシング会社の魅力的なサービス

無利息ローン

一週間融資に対して利息が付かないサービス。大手では30日間無利息というサービスが多いですが、中には60日間無利息といったものや、何度借りても一週間無利息といった商品もあります。こういったサービスを上手に利用すれば、一円の利息も支払わずにお金を借りることが可能です。

レディースローン

女性が消費者金融でキャッシングすることは、何かと気が引けるものです。そこで大手のローン会社は女性スタッフが対応する女性専門のレディースローンを取り扱っているところが多いです。

即日融資

ひと昔前は審査に時間がかかったりして、実際に融資が実行されるのに二日ほど要していました。しかし今はどの金融会社も申し込んだその日に融資がなされます。通常、当日の午後二時までに申し込みを完了すれば、銀行が締め切る前の五時までに指定の口座のほうへ融資がなされてきます。

ネット完結

以前はネットで融資の申し込みをしたとしても、実際は自宅に所在確認の電話があったり、勤務先への在籍確認もあったりしました。もちろん信用情報センターへの調査も実行されました。つまり審査の内容は窓口での申し込みとほぼ同じということです。しかし現在主流となっているのは、信用情報センターへの調査のみで、自宅への所在確認や勤務先への在籍確認は省略している金融会社が多いようです。

大手/中堅(中小)/零細消費者金融一覧

中堅

中堅(中小)消費者金融

大手よりも柔軟審査で借りやすいのが特徴
 審査  柔軟、大手より甘い
 対象  大手の審査で落ちた方
 金利  概ね上限金利(18.0%)
 メリット  柔軟審査、借りやすい 

零細

零細(小規模)消費者金融

中堅よりも柔軟審査で借りやすいのが特徴
 審査  柔軟、中堅より甘い
 対象  中堅の審査で落ちた方
 金利  18.0%〜
 メリット  多重債務者でもOK

大手

大手消費者金融

低金利NO1! 信用力抜群の銀行系
 審査  厳しい
 対象  借入件数3件以内
 金利  3.0%〜
 メリット  低金利、利便性、信用力

女

女性向けレディースローン

女性、主婦、専業主婦でも借りれる
 審査  柔軟〜激甘
 対象  女性
 金利  12.0%〜
 メリット  女性でも借りやすい

債務保証とは

お金債務保証とは、支払い承諾のことを意味します。金融機関等が取引先に対して、現在あるいは将来の債務についてその支払いを保証することで、対価として保証料を要求できます。

借りやすい 取引先はこの保証を利用して他から信用供与を享受することが可能となります。金融機関等は自己資金を利用しないで結果的に信用を供与する便利さはありますが、リスク負担の面では一般の貸し付けと異なることろはありません。

消費者金融 このため、現行のBIS自己資本比率規制上では、オフ・バランス取引の「一般的な債務の保証」に相当し、掛目100%でリスク・アセットに参入することとされました。

最終更新日 2018.1.12

おススメ金融サイト