最終更新日 2016.9.24

借りれる金融会社は?低金利で借りやすい!!


消費者金融で圧倒的に人気が多いのは低金利で借りやすいのが第一条件となります。いくら低金利でも審査が厳しくて手続きに時間がかかるようでは用を足しません。
借りやすい金融会社の条件は以下の三点です。

  • 申し込んだその日に融資が下りる(即日融資)
  • 審査が迅速で多少の多重債務があろうとも通る
  • 一定期間利息がかからない無利息ローンを取り扱っている

もっとも現在他社からの借り入れが無く、定職に就いて年収が300万円以上あるよ
うな方ならば、大手の銀行系消費者金融を選ぶべきです。過去五年以内の自己破産
などをしていなければ、間違いなく審査に通るはずです。大手のほうが金利も低い
ですし、何より銀行のatmで出し入れ出来るの利便性も見逃せないポイントでしょう。

 

人気の消費者金融ランキング

借りやすい金融ランキング

中小中堅のキャッシングローンの利点は、審査が大手ほど厳しくなく借りやすいというのが最大のポイントです。他社からの借り入れがあれば大手銀行系の消費者金融は審査に慎重になります。借り入れ件数が3件もあれば審査に落とされることでしょう。そこで注目されるのが中小の消費者金融です。中小の金融会社はサービスでは大手に歯が立たないものの、審査の柔軟さについては上回っています。よくいえば「人間味」のある金融会社といえるでしょう。

  • 金利・・・10.0%〜18.0%
  • 限度額・・1万円〜100万円

 

多重債務に至る要因

多重債務の原因は、借金のために借金をして払うという自転車操業が大部分を占めています。返済が苦しくなると返済のために新規の消費者金融を利用して、更に融資額が一杯になると、また別のところを探すというような行為を繰り返します。これを続けると、審査は益々厳しくなっていきます。

 

当然、行き着くところは審査の甘い高金利の金融会社になってしまうわけで、あとは雪ダルマ式に借金が増えていくことになります。また、最近多いのは身の程知らずにクレジットカードを多用して、遊びや食事にショッピングといったレジャーに使いすぎて、債務超過に陥ってしまうというケースです。そうなると、月末の支払いが追いつかず、消費者金融のお世話になり、後はお決まりの泥沼状態へまっしぐらです。

 

一昔前まではローンの多用で破産するというケースは皆無でしたが、クレジットカードが広まったことで、多重債務者の多くがこれが原因であると言われています。多重債務者の場合10枚以上のカードを保有しているというケースも珍しくないようです。

 

キャッシング会社の魅力的なサービス

無利息ローン

一週間融資に対して利息が付かないサービス。大手では30日間無利息というサービスが多いですが、中には60日間無利息といったものや、何度借りても一週間無利息といった商品もあります。こういったサービスを上手に利用すれば、一円の利息も支払わずにお金を借りることが可能です。

レディースローン

女性が消費者金融でキャッシングすることは、何かと気が引けるものです。そこで大手のローン会社は女性スタッフが対応する女性専門のレディースローンを取り扱っているところが多いです。

即日融資

ひと昔前は審査に時間がかかったりして、実際に融資が実行されるのに二日ほど要していました。しかし今はどの金融会社も申し込んだその日に融資がなされます。通常、当日の午後二時までに申し込みを完了すれば、銀行が締め切る前の五時までに指定の口座のほうへ融資がなされてきます。

ネット完結

以前はネットで融資の申し込みをしたとしても、実際は自宅に所在確認の電話があったり、勤務先への在籍確認もあったりしました。もちろん信用情報センターへの調査も実行されました。つまり審査の内容は窓口での申し込みとほぼ同じということです。しかし現在主流となっているのは、信用情報センターへの調査のみで、自宅への所在確認や勤務先への在籍確認は省略している金融会社が多いようです。

 

株式投資

金利商品以上に複雑な株式の市場では、個人が銘柄を自ら選んで投資をしようとすると、プロが得をして個人が損をする仕組みになっているということは、金融業界の常識です。つまりカモにされるのは素人ということです。

 

実際、株式投資では個人は高い確率で損をします。これは、主に個人投資家が利用する、信用取引という株を貸し借りしながら取引する市場において、全体でどれくらいの損益率が出ているかを示すチャートです。

 

この実態を見れば分かるように、個人投資家はよほど市場がいいときで残高の損益率がやっとトントン、調子が悪いときは10%以上の含み損を抱えているということを示しています。

 

これは他の国でも同じです。Odeanというアメリカにあるバークレー大学の行動ファイナンスの研究者が、アメリカと台湾のデータを使って個人投資家と機関投資家の損益を調べたところ、どちらの国でも、利益が個人投資家から機関投資家へと移っていました。

 

また、同じくOdeanの調査では、個人投資家が売った株はその後の1年間で11.6%も値上がりしているのに、個人投資家が持ち続けた株は5%しか上がらないということも分かっています。

 

多重債務になる理由

借入件数が多くなってくると毎月の返済も苦しくなってきます。そこで、返済のために新たな借金をして返済をしていると、ついには自転車操業に陥ってきます。
このような行為を繰り返していると、益々借入の際の審査が厳しくなってきます。

 

新たな借入をしていることや、何件も借入を申し込んでいることなどが逐一、信用調査機構にインプットされているからです。そうなると、貸してくれるところは審査の甘いヤミ金融の類になってしまいます。後は雪だるま式に利子が利子を生んで借金が増えていくことになります。

 

これが一般的に多重債務者がたどる道です。

 

もっとも最近は便利に使えるクレジットカードの普及で、遊びや食事に見栄を張って華やかな生活を送った挙句に、多重債務に陥ってしまう若者も少なくありません。
20万円程度の手取りで40万円の衣装を着ているという自覚がないのが要因です。

 

督促状が来た場合

金融機関

もしも消費者金融で借入している借金の支払いを履行出来なければ、先ず自宅あるいは勤務先に電話がかかってきます。その場合、うっかりミスといった類であれば「すみません、期日までに振り込みます」といった弁解で解決です。

 

しかし電話が通じなければ、自宅に督促状が届くことになります。督促状とは債務の弁済を促す行為で、その目的は、弁済を促すことの他、期限の利益を喪失させたり時効を中断させたりといった、様々な目的で用いられます。督促状は配達確認証明で送付されてきますので「受け取ってない」といった言い訳は通じません。

 

この督促状を無視していたりすると、遅延滞金といった高い利子を支払わされるだけでなく、事故情報として信用保証協会のブラックリストに掲載されたりもします。

 

こうなってくるとクレジットカードやローンが組めなくなってしまい、若いうちはまだしもいい大人になってクレジットカードの一つも所有していない様は、非常に情けないものです。

 

こんな状況にならないためにも、債権者側と支払いが履行出来ない状況をキチンと説明して、解決策を考えるほうがよいでしょう。また、債権者が債権回収会社へその債権を譲与する場合もあります。

 

そうなった場合、 聞いたことのない債権回収会社から督促状や最終通告などと書かれた書類が発送されてきます。こういった債権回収会社へ少額でも支払ってしまうと、消滅時効の関係でややこしくなりますので、支払いをする場合は専門家に相談されるとよいでしょう。

 

もしも裁判所から支払い督促状が送付されてきた場合、第一回目の支払督促状はまだ仮執行宣言が付された支払督促ではないので、督促異議申立書を提出すれば通常訴訟に移行することとなり、強制執行停止申立てをする必要はありません。

 

ただ、2回目の送達を受けた場合、2週間以内に異議の申立をしないと強制執行が可能となりますので注意が必要です。強制執行とは保有する財産の差押さえ、あるいは給与の差押さえなどです。したがって必ず簡易裁判所に異議申し立てをしなければなりません。

 

異議申し立ての手法が分からない場合には、支払い督促状を送付した簡易裁判所に問い合わせするとよいでしょう。

融通手形とは

キャッシング

融通手形とは、他人に金銭を貸すかわりに振出した手形であり、商品売買などの取引の裏づけがなく、たんに金融のためにのみ授受されるものです。

 

融通手形であるということは、原則として融通者と被融通者との間の人的抗弁となるに過ぎず、第三者が融通手形であることを知りながら手形を取得した場合でも、支払い義務者は支払いを拒むことが出来ません。

 

ただ、融通者に手形上の責任を何ら負わせないという特約があり、このことを手形の取得者が知っていたような場合に限り、人的抗弁の対抗を受けるに過ぎません。

 

したがって、法律的には融通手形を割り引いても権利行使が出来ないわけではありませんが、むしろ経済的にみて問題があります。

 

つまり、融通手形によって資金繰りをつけているような取引先は営業状態がよくないのが通常で、不渡りの危険性が高いからです。そのため、融通手形の割引は避けるべきだとされています。

 

それでは、融通手形はどうやって見分けるかのポイントですが、手形面だけではわかりにくいので、これを見極めるのは極めて困難な作業となりますが、先ず取得原因の調査が第一。

 

どんな取引によってその手形を受け取ったのかを調査します、。そして、一般に融通手形の金額は端数のつかないラウンドナンバーのものが多いといわれます。もっともそのためにわざと端数をつけたりする例もありますので、これだけは決めてになりません。

 

更に、財務諸表の検討、手形振出人の調査、当座勘定の動きの調査もすればある程度の状況は把握できると思います。

 

債務保証とは

お金債務保証とは、支払い承諾のことを意味します。金融機関等が取引先に対して、現在あるいは将来の債務についてその支払いを保証することで、対価として保証料を要求できます。

 

借りやすい 取引先はこの保証を利用して他から信用供与を享受することが可能となります。金融機関等は自己資金を利用しないで結果的に信用を供与する便利さはありますが、リスク負担の面では一般の貸し付けと異なることろはありません。

 

消費者金融 このため、現行のBIS自己資本比率規制上では、オフ・バランス取引の「一般的な債務の保証」に相当し、掛目100%でリスク・アセットに参入することとされました。